ビシっと色を決める! 錯覚の画像をリメイク

pic0
アップロードの設定などとは関係ないのだが、画像系で気になったので。

小飼弾さんの記事で、最近良く見る目の錯覚の一つが言及されていた。

404 SPAM Not Found #13 絵に描いた餅の頂き方
http://ch.nicovideo.jp/dankogai/blomaga/ar303790

小飼弾さんは以前 tips – GIMPでJPEGの蚊を退治して”PNG”化する みたいな記事を書いていらしたので、「ああ、結構細かい所気にされているな」と思っておりました。で、記事中で

上も有名な錯視で、黄緑に見えるところと水色に見えるところは、実は同じ色。嘘だと思ったらPhotoshopなどで色比較をしてみて下さい。しかし、「これは錯視」だと知らなければ、そんなことをしてみる気も起きないでしょう。

というので荒い画像で薄々気づきながらも、bmpPNG画像だからもしかしてと思い、念のためPhotoshopで色を確認する。

pic1

R:0 G:255 B:140

pic2

R:0 G:251 B:172

まあ言いたいことはわかるが 「嘘だと思ったらPhotoshopなどで色比較をしてみて下さい。」 という程同じ色とは言いがたい。
近いと言えば違く、探せば同じ色が見つかるかもしれないが、めんどくさい。

そもそも↓(一部拡大したもの)ではスポイドで色を試すまでもない。

pic3

この手の画像はアンチエイリアスされていると驚きが半減する。
錯覚系の画像は、実際拡大してみると近いけど全く同じとは納得出来ない画像が多い。
前々から気になっていたので、男は黙って4色PNG。

pic4

こんなベクトルデータをIllustratorで作って4色PNGで保存。

pic5

アンチエイリアスしていないのでギザギザ感がありますが、

pic6

R:0 G:248 B:132

pic7

R:0 G:248 B:132

当然バッチリ合います。
自分で作ったので驚きはありません。
イラレのデータは汚いので公開はやめときます。

[追記]
作った後に元ネタはどこだろうと調べたら立命館大学の北岡明佳教授の作品のようです。
北岡教授の作品はGIFで、色も R:0 G:255 B:150 と美しいです。
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/shikisai2005.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です